2008年 中国・上海『上海国際戯劇季』にて、海外招請作品として上演。

阪神・淡路大震災で被災した劇団道化座が「父と暮せば」を上演する。注目せざるを得ません。
なぜなら、「父と暮せば」で語られる多くの台詞が、そのまま私たちの震災体験と重なるからです。
もちろん、この作品は、神戸の震災を知らずに'94年に書かれています。
作者・井上ひさし氏のイマジネーションの不思議さです。
いま、この作品にもっとも思いを込められるのは道化座ではないでしょうか?
ひょっとしたら、道化座のために書き下ろされたのではないか、とさえ思うのです。
そして、その意味を最も理解できる観客は神戸の人たちでしょう。
道化座は重要なレパートリーを手に入れました。

演劇評論家 伊藤 茂

  - Cast -    
  福吉竹造 牛丸裕司  
  福吉美津江 杉山雅子  
       
       
       

ーSt о ryー 

 いつものように変わらぬ広島の暑い夏の朝。突如、人々を襲った閃光。

次の瞬間、一万二千度の熱風が吹き抜けた。二度と起こしてはならない原爆の悲劇。身体に、心に、深い傷を負った人々はどのように立ち上がったのか。
独特の喜劇で、父娘の深い絆を、悲しみを乗り越えていく人間の姿を、
そして生きる喜びを謳いあげた井上ひさし氏の名作中の名作!!

昭和23年。原爆で父・竹造を失った美津江は、広島の比治山近くに独り暮らしている。だが、父に会いたい美津江の思いからか、時々亡くなった竹造が姿を現す。
美津江は、原爆で逝った女学校の友人たちを思うと、一人だけ幸せになる勇気を持てない。想いを寄せる男性がいるが、被爆した我が身に潜む病が恐ろしく、
人を愛することなど許されないと、ひっそり生きようとする。
何よりも、燃え上がる火の中に父を見捨て、一人逃げた自責の念は、どうしても振り払うことができない。

父はそんな娘を、
『原爆で一人生き残って、うしろめとうて申し訳なあ病』という病気にかかっていると診断。
生き残ったからこそ「友達の分まで幸せになれ」「わしの分まで生きてくれ」と、幽霊の身ながら精一杯、娘に声援を送る。 

  対象年齢
中学生/ 高校生/ 一般

上演時間

80分

準備時間

3時間

撤収時間

2時間

会場条件

特になし(体育館でも可)

備考

体育館の場合、準備撤収に時間がかかります。


シリーズ《家族》 1

2009年12月
中国・上海『上海国際戯劇季』にて、海外招請作品として上演。来場者数第1位。

2010年11月
中国・北京 『中国国家話劇院 第四届国際戯劇季』にて、海外招請作品として上演。

 

  - Cast -    
  祖父・杢太郎 上村厚文  
  母・明子 馬場晶子  
  長男・太平 宮内政徳  
  長女・まゆみ 島田知子  
  次女・京子 齊藤莉々香  
  三女・夏美 小田原ゆみ  
  叔父・憲次 中川順平(劇団ぷらっと)  
  妻・恒子 札場千景  
  娘・美佳

田村彩花

 
  叔母・澄江 向地よし枝  
  医師・水岡

浅川恭徳

 
  警官

福島隆

 


ーSt о ryー 

「オハヨウ、母さん!!」 

 

長男・太平、長女・まゆみ、次女・京子、三女・夏美が一斉に起きてきた。
朝の賑やかすぎる食事風景。やっと全員を送り出し、大量の洗濯物と格闘。
そして保険屋、新聞屋をこなし、掃除に買い物と、毎日てんてこ舞いの母・明子。ホッとしたのも束の間、どうも義父の様子がおかしい。ボケてきたのか!?

その義父を先頭に、家族全員で久しぶりに六甲の山に登る。
眼下には震災後の復興成った神戸の街並み。

……そして、義父のボケがさらに顕著に。
子供たちは働きだし、帰宅もままならない。 三女・夏美の手助けはあるものの、
義父の介護は明子の肩に重くのしかかる。

……そして、義父は完全にボケてしまった。
今日も明子は義父の介護をしながら、夏美と二人だけの寂しい食事をとる。
……これが現代の普通の家族の姿なのか……。

  対象年齢
高校生/ 一般

上演時間

100分

準備時間

3時間

撤収時間

2時間

会場条件

体育館(不可)

備考



《幸福》シリーズ 2

 2002年 韓国・ソウル公演芸術祭 海外招請作品

  - Cast -    
  大山太郎  牛丸裕司  
  妻・愛子  馬場晶子  
  娘・弘子  島田知子  
  息子・次郎  宮内政徳  
  大山杢太郎  上村厚文  
  斉藤京子  吉安 愛  
  瀬戸  浅川恭徳  
   福島 隆  

「春の夜」 

今日も大山家は祖父・杢太郎と嫁・愛子、2人だけの静かな夕食。
浪人生の息子・次郎が帰ってくるなり母に、なんと100万円の借金を頼む。
働き蜂の夫・太郎が帰ってきた。怒る夫。逃げる次郎。
突如、次郎のガールフレンド・斉藤京子が訪れ、
「私、次郎くんの子どもを生みます」と宣言。呆然とする家族。

「夏の夜」

京子との結婚も決まり、次郎もバイトに懸命だ。
そこへ半年間の海外出張に大抜擢と大喜びの夫が帰ってくる。
結婚式にも出席できないと無責任。
愛子の堪忍袋の緒が切れた。杢太郎も愛子の味方だ。
そこへ酒に酔った次郎が帰宅。「京子に騙された」と告白。
さらに娘・弘子も「私、赤ちゃんを産むわ」相手は誰!?
「私とお祖父ちゃんの子」!?!?!?

「秋の夜」 ボケが始まった杢太郎。

杢太郎の子ではなかったが、頑として相手を隠す、産み月も近い弘子。
深夜、祖父と孫娘とのラーメンパーティ。一時の安らかな正気。
突然、産気づく弘子。大騒動の末、無事出産。
「この子は私の生まれ変わりや!」
生まれた曾孫に自己を託す杢太郎。季節外れの雪が降る。
……新しい無垢の生命が、白い雪の産着に包まれて
……暖かく見守る家族。

  対象年齢
中学生/ 高校生/ 一般

上演時間

80分

準備時間

3時間

撤収時間

2時間

会場条件

特になし(体育館でも可)

備考

体育館の場合、準備撤収に時間がかかります。


《幸福》シリーズ 2

  - Cast -    
  長女 馬場晶子  
  長女の夫 牛丸裕司  
  長女の娘 島田知子  
  長女の息子 宮内政徳  
  息子の仲間 八谷直毅  
  長男 浅川恭徳  
  長男の義母 向地よし枝  
  大山杢太郎 上村厚文  
   ハナコ 吉安 愛  

子供たちも独立し、杢太郎は勝手気ままな独り暮らし。
突然、普段は疎遠の息子や娘が「お祖父ちゃん、お誕生日おめでとう」と
孫まで連れてやってきた。
久しぶりに子供たちの笑顔に囲まれ、杢太郎はついうとうと、一瞬の夢を見る。
「お祖父ちゃん!!」孫の声に目覚め、「ハッピーバースディ」の歌声に心和む杢太郎。でも、どうも素直に喜べない。

 

宴もたけなわ、彼らが切り出したのは、なんと、杢太郎の住むこの古屋を売却する話だった。腹立たしいやら情けないやら。杢太郎の怒りが大爆発。「出ていく!」と我が家を飛び出した。

 

それぞれ世帯を持ち、幸せに暮らしている子供たち。
健全な精神ですらもあのバブルに飲み込まれ、泡と消え失せたのか。
“リア王”のごとく放浪する杢太郎。さて、その行方は?
お金がオールマイティの時代から、経済も、人の価値観も変わってしまった今、さて、私たちの幸せのゆくえは?

  対象年齢
中学生/ 高校生/ 一般

上演時間

90分

準備時間

3時間

撤収時間

2時間

会場条件

特になし(体育館でも可)

備考

体育館の場合、準備撤収に時間がかかります。


シリーズ《家族》

  - Cast -    
  上村厚文(劇団五期会)  
  馬場晶子  
  長女・暁子 島田知子  
  長男・良夫 宮内政徳  
  次女・清美 松澤ふゆ  
  岡村信二 浅川恭徳  
  斉藤 阿曽修三  

- s t o r y - 

新婚旅行に出かけた長女・暁子。暁子に旅行先で薬の買い物を頼んだ父父との小さな約束。だが、暁子は自分たちの旅行のことだけを考えていた。

 

父との約束を簡単に考え、薬を買わないまま日本に帰ってきてしまったのだ。

結婚前には住む家がなかった二人。

両親の援助でやっと手に入れ、安心して新婚旅行に出かけた二人。

だが、両親の気持ちをよそにさっさと新婚家庭に帰っていた二人。

わがままに育ててしまったのか……ふと、案じる母。

夜の電話。

暁子が急な病で輸血が必要とのこと。急ぎ病院へ駆けつける母。

残された父。……守られなかった約束。

翌日、暁子の無事を知り家族たちはホッとする。二人は新居へ帰っていった。

残された父と母。ここまで育った我が子の成長に親としての感慨がこみ上げる。

……そして、うららかな春の日は過ぎてゆく。

 

  対象年齢
高校生/ 一般

上演時間

90分

準備時間

5時間

撤収時間

2時間

会場条件

特になし(体育館でも可)

備考

体育館の場合、準備撤収に時間がかかります。


劇団道化座は

「兵庫県劇団協議会」に加盟しています。


一般社団法人  劇団道化座

〒657-0845 神戸市灘区岩屋中町4-4-7    TEL078-803-2458   FAX078-803-2459

Copyright (C) 2014 Gekidan Dougeza All Rights Reserved.